過去に制作した番組

 

BS朝日

ぼくらの地球

日本最後の秘境 西表島 満月に咲く奇跡の花

サンゴと大潮が育む誕生の瞬間

沖縄本島から約460km、琉球列島最南部の八重山諸島で最も大きな島、「西表島」。島の9割が自然林に覆われるこの地には、イリオモテヤマネコなどの絶滅危惧種や、天然記念物の指定を受ける貴重な動植物が生きている。また広大なマングローブやサンゴ礁の海など、豊かな自然環境の中で、さまざまな生き物たちが生活している。 夏。生き物たちの命が躍動する季節を迎える。今回、女優・工藤夕貴が東海大学沖縄地域研究センターの研究員とともに、大潮の時期に起こる生き物たちの命の営みに密着した。

奇跡の島 モン・サン・ミッシェル 

潮の満ち引きが育む海の恵み

フランスの世界遺産、モン・サン・ミッシェル。カトリックの巡礼地の1つであり、「西洋の驚異」と称され、「モン・サン・ミッシェルとその湾」は、ユネスコ世界遺産に登録されています。このモン・サン・ミッシェルは、巡礼に沸く中世ヨーロッパの時代、多くの巡礼者たちにとって、聖地、または奇跡の島とも呼ばれていました。 その人気は衰えることなく、今なお、世界各国から多くの観光客が訪れます。 なぜ、人々は、モン・サン・ミッシェルに魅了されるのか? そこには、我々が暮らす地球、大地が営む自然と大きな関わりがあったのです。

榮倉奈々のメキシコ 

~幻の文明と聖なる泉の秘密~

メキシコ湾とカリブ海に突き出たユカタン半島には、地上を流れる川はない。石灰岩から成り立つユカタンでは、降り注いだ雨は地中に浸み込み、長い年月をかけて地底に長大な泉「セノーテ」をつくる。石灰層にろ過されたセノーテの水はどこまでも透明で、鍾乳石に飾られた幻想的な水中景観をつくり出す。そして…。セノーテは独特な自然環境を育み、幻の古代文明であるマヤ文明を発展させた。マヤ文明繁栄の根底には、このセノーテが流れる地下世界が大きく影響していたのだ。女優・榮倉奈々がユカタンの自然と神秘の泉・セノーテを体感し、マヤ文明と自然とのかかわりを探っていく。

ボルネオ 生き物たちの楽園 

大河の源流を求め600キロ

一年を通して雨が多く、熱帯雨林気候の地、ボルネオ島。多種多様な生き物が暮らし、独自の生態系を保っている。世界で3番目に大きな島であるボルネオ島の北部を占めるマレーシア領サバ州には、200種類を超えるほ乳類が生息。中でもサルは13種にも及び、いわば“サルの楽園”だ。野生動物を育むのは、ボルネオ島の北東部を流れるおよそ600kmのキナバタンガン川。この川が豊かな森を作り、その森が動物たちを守っている。今回紹介するのは、ボルネオを流れる大河・キナバタンガン川の源流への旅。3年前からボルネオで野生生物の生態を研究している、京都大学の博士課程・松川あおいさんが“最初の一滴”を目指す。森はどのようにして育まれ、どんな生き物がいるのか。謎多きボルネオの森で、数々の発見と出会いが待ち受ける。

ヌキウチ~サラリーマン一斉 我が社テスト~

特番

2019年1月4日(金) 16時00分~17時54分

社会人は毎日通っている自分の会社の事をどれだけ知っているのか?
番組スタッフがオフィスを突然訪問!あなたの会社についてのヌキウチペーパーテストを実施!
その会社に勤めていれば分かって当たり前の問題から、テレビの前の皆さんも知りたかったその企業のお得な情報までを一斉テスト!
結果発表はその会社の偉いヒトの前で、キャイ~ンが大々的に行います!
誇らしげな方や、消え入りそうなサラリーマンまでヌキウチテストの時間です!

ザドキュメンタリー

東京湾から荒川源流へ176km!

~ドローンに乗ってさかのぼる~

特番

2018年9月29日(土) 

全編ドローンによる撮影で、東京湾から隅田川を経由し荒川の源流域までさかのぼります。圧巻の映像美で綴る、めくるめく空中遊覧の旅へ!

〒107-0061 東京都港区北青山3-15-9 AOYAMA101ビル 2F

電話: 03-5766-1387