初めてのオンライン面接のこと

最終更新: 1月28日

就活生のみなさん、こんにちは。2回目のブログとなりました。

今日はコロナ禍の中、行われた2021年卒採用活動についてお話したいと思います。

ご存じのように昨年から始まったコロナウイルス感染拡大は花組の採用の現場にも大きな影響と変化をもたらしました。

ちょうど1年前の今頃、2022年卒採用に向けインターンシップをスタートしました。

日々拡大する感染の状況を注視しながら、密を避けるため参加人数を減らし、開催時間を短縮し、換気のできる会場に変更したりと、何とか開催を続けましたが、いざ、説明会の時期になるといよいよ就活生さんたちを集められる状況ではなくなり説明会後半の開催を取りやめる苦渋の決断となりました。


次は一次面接です。

応募者のみなさんと直接お話をすることで、そのお人柄、やりたいこと、モチベーションなどを直に感じたいと思っている花組にとって、対面での面接は必須!と思っていました。しかし状況は悪化の一途、対面で面接ができる状況ではありません。

そしてついにオンライン面接を決行。少しでも応募者のみなさんとゆっくりお話ができるようにと「応募者1名×面接者1名」で行うことに。


採用担当の私も初めてのオンライン面接、かなり緊張しました。PCの画面を通して就活生のみなさんの緊張も伝わってきます。けれどもいざお話を始めると、予想に反し、これがなかなかいい感じなので。他の応募者の方がいない分、おひとりのお話をじっくり伺えるのです。

応募者の方も他の方を気にすることなく、ご自身のお話をご自身のペースで話していただける。今までの対面の面接では経験できなかったより深いお話を伺うことが出来ました。おひとり15分間のオンライン面接でしたが、毎回「もっとお話を伺いたい」と思うほど。

対面での良さはもちろんありますが、オンライン面接、意外にもいいもんじゃないか!と

感じた経験となりました。


現在の状況を鑑みて2022年卒の一次面接もオンライン、「応募者1名×面接者1名」で

行う予定です。

ぜひ、緊張なさることなくご自身だけの持ち時間だと思い、思いっきりお話して下さい。私も二度目のオンライン面接、とても楽しみにしています。

ひとつだけアドバイスを。

通信状況にご注意ください!面接の最中に回線が途切れたり動きが止まってしまうと、せっかくのお話を聴くことができなくなったり、再度質問することでお時間を取られてしまうこととなります。できる限り良い通信状況でオンライン面接にのぞまれてください!


採用、花組に関するご質問、受付中です。

質問ページより、お気軽に問い合わせください。



55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示