中村.jpg

内定者アンケート 05

アシスタント・ディレクター

2022年4月入社予定

2022年4月に入社予定のみなさんに「就活のこと」「花組へ入社を決めた理由」などなど、きいてみました!

関東地方の大学ご出身のE・Nさん。

就活中に心がけていたこと、それだからこそ見つけられたご自身の就活の方向性など、また花組への入社を決めたときの想いを聞かせてくれました。

Q 就活で大変だった、苦労したことは?

私は番組制作に絞って就活をしていたのですが、制作会社だけでも数え切れないくらいの会社が存在していて、自分に合った会社を見つけられるのかがずっと不安でした。就活サイトに載っている会社だけでは満足できず、自分の好きな番組を作っている会社がどこなのかを調べて、HPを見ては会社説明会に申し込む、の繰り返しをしていました。それが大変でした。また、オンラインでの面接がとても多かったので、自分の人柄やイメージがちゃんと相手に伝わっていたかどうかが毎日心配でした。

 

Q 就活でいちばん大切にしていたことは?

私が就活で一番大切にしていたことは、「普段の自分で挑む」ということです。飾った自分でいると、選考を進めて行くうちにどんどん苦しくなってくるからです。面接ではとにかく普段通りを意識して、素の自分でいるようにしていました。

 

Q 番組制作を目指したきっかけ、志望理由は?

テレビを見るのが大好きだというのは他の皆さんも同じかと思いますが、その他の理由としては、自分が働いてる姿が想像できたのが番組制作のお仕事だったからです。就活生の時に色々な業種を見ていましたが、どれも働いている姿が想像できませんでした。そこで、番組制作スタッフになろう!という決意が固まりました。


Q ズバリ、花組を選んだ理由は?

面接の際に本当によくお話を聞いてて下さったこと、丁寧に何でも説明して下さったことです。選考を進めて行く中で、ディレクターの方のお話を聞けたことはとても貴重でした。

また、花組は花組らしく番組制作をしていきたい、という意志に「カッコいい!」と思い、自分もここで働きたいと思いました。

 

Q 入社前の今、どんなお気持ちですか?

入社目前にして、果たして自分はこの道を選んで良かったのか?と不安になることもたまにあります。でも学生が終わる寂しさよりも、社会人になるのが楽しみというワクワクの方が断然大きいです。

 

Q 就活生へ伝えたい一言をお願いします!

私も1年前焦りと不安でいっぱいでしたが、いざ面接をしてみると学生の話を親身になって聞いてくれる方が沢山いました。就活は自分を飾ることではなくて、「素の自分を出せるかどうか」が勝負だと思いました。つい他人と比べたり大人びてしまいたくなりますが、本音の自分を出した時に認めてくれる会社こそ、自分が行くべき場所なんだ!と感じます。就活生の皆さんには自分らしい就活をしてほしいです!