top of page

花組の採用は「体験すること」を大切にします!

就活生のみなさん、こんにちは。

そしてこれから就活生となるみなさん、こんにちは。

株式会社花組の採用担当、松生(まつおい)です。

多くの番組制作会社の中から、花組をみつけていただきありがとうございます。


2023年も12月となり、既に就活を始めている方、そろそろ本格的に就活に取り組まなければと考えている方、まだ就活の学年ではないけど就活ってなんだ?と気になっている方、それぞれかと思います。

今回は花組が採用の過程で花組という会社、番組制作という仕事を知ってもらうために大切にしている「体験すること」についてお伝えしたいと思っています。



今からさかのぼること数年前、世の中はコロナ禍となり、花組の採用も今までの対面での説明会や座談会、面接のやり方を大きく変える必要にせまられました。オンラインにシフトすることで多少の不便さもありましたが、オンラインだからできることや利点も多く知ることができたのも事実です。

やっと多くの制限がなくなり迎えた2024年卒の採用ではオンラインの良いところを活かしつつ、この数年できなかった「対面」を加え、新たな「体験方式」へとバージョンアップしてみました。


インターンシップや会社説明会に参加してくれた学生さんから聞かれるのは「テレビ番組は身近なものなのに番組制作の仕事はわかりにくい」という声です。今までもなんとかこの問題を払拭するために取り組んできましたが、2024年卒の採用から「実際の番組制作の仕事に飛び込み体験してもらう」という方法を新たに取り入れることにしました。インターンシップに参加してくれた学生さんの中から番組制作体験を希望する方を対象に花組で実際に制作している番組の現場で花組スタッフと一緒に番組制作を体験してもらう、そんな内容です。参加していただく番組も現場も制作工程も様々ですが、花組スタッフが実際に行っていることを体験してもらうことで番組制作や花組スタッフ、そして花組という会社について知ってもらえたらと思いました。


このプログラムは現場スタッフの理解と協力がなければ成り立たず、実はコロナ禍前にも社内で提案したのですがなかなか実現化することはできなかったのです。たしかに突然、しかも1日の期間限定で学生さんに体験してもらうことが、時に現場スタッフの負担になることがあるかもしれないからです。正直、その現場スタッフの気持ちもわかります。

ところが、コロナ禍が明け改めて体験プログラムについて社内で提案したところ、現場の花組スタッフは快く、そして一種の期待感をもって承諾してくれました。そこには花組スタッフの変化がありました。


コロナ禍の間、どうしても人と人の距離をおかざる負えない中で番組制作を行ってきた花組スタッフですが、その期間はオンラインなど今までにない便利な方法も得ながらもどこか物足りなさを感じていたようです。人と距離を取らなければならなかった期間を経たことで「人と一緒に同じ空間でモノを作る大切さと面白さ」を実感したのです。これは会社としても同じ思いです。


番組制作は多くの人が関わり、多くの人のそれぞれの能力が合わさることで成り立っています(詳しいことはぜひ花組のインターンシップでご説明します。ご興味のある方はぜひご参加を!)。制作の過程の中では人と人が面と向かい合って力を出し合い、時には意見を戦わせていくことが必要であり大切なことだと、花組スタッフも花組という会社も気が付いたのです。そのことに気が付いた花組スタッフは、これから番組制作を目指す学生さん、番組制作に興味をもっている学生さんに伝えていきたい、それには現場体験が一番ではないかと、快く受け入れてくれることになったのです。


実際に参加していただいた学生さんからは「想像していた仕事内容と違っていた」「普段観ているテレビ番組の作り方がわかってとても興味がわいた」「花組の社員さんと仕事のこと会社のことを直に聞けて参考になった」などの感想をいただけました。そして参加者の多くがその後の選考に進んでくれたことも、このプログラムをやってよかったなぁと思えることです。

受け入れた花組スタッフも興味深く熱心に現場体験に参加してくれる学生さんと接することにより、改めて自分たちのやっている仕事を見直す機会になったと伝えてくれました。参加してくれた学生さん、受け入れた花組スタッフ両方にとっていい機会になったと自負しています。


もちろん花組では2025年卒の採用にもこの現場体験のプログラムを引き続き取り入れ、より拡大していく予定です。

実際に体験をすることで番組制作という仕事により興味をもってもらえたらうれしいと思っています。もしかすると体験することで自分には合わない仕事だと感じることもあるでしょう。でもそれでも参加していただいた方に番組制作という仕事を少しでも知ってもらい、テレビをみる時にあんな風につくっているんだなと思い出してもらえたら、それはとてもうれしいことです。


番組制作の現場を体験することでわかってもらえること、たくさんあると思います。

番組制作をやってみたい、ちょっと興味がある、就活はまだ先の話しだけど経験としてやってみたい、そんなみなさん、ぜひ参加してみてくださいね。


現場体験プログラムを含んだインターンシップは2024年1月からスタートします。

日程など詳細が決まり次第、花組ホームページ、インスタグラムでお伝えしていきます。

ぜひフォローをお願いします。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page