top of page

がんばる就活生を花組は応援したい!

更新日:2023年4月7日

就活生のみなさん、こんにちは。

そしてこれから就活生となるみなさん、こんにちは。

株式会社花組の採用担当、松生(まつおい)です。

就活生のみなさんは既にすすみたい業種、そして企業を見極めエントリーシートの作成、またそれぞれの選考過程にすすんでいることと思います。

花組でもインターンシップ、そして会社説明会のすべての予定が終了し現在は本格に選考がスタートしています。

今年に入ってからはじまったインターンシップ、会社説明会は予想を上回る人数の方々にご参加いただけました。

ここ数年のコロナ禍で開催を見送っていた対面開催も回数を増やすことができ、オンラインの良さも実感しながらも直接お話できる対面の良さも改めて感じることができました。


また今回は新たにインターンシップ参加者にインターンシップの一環として業務体験をご案内できたことが大きな変化だと思っています。インターンシップで番組制作についてご理解いただいた上で、実際に花組が制作している番組の業務を体験していただくことは、より番組制作についての理解につなげていただけたのではと自負しています。


インターンシップ、そして会社説明会でもお話しているのですが、番組制作について業界研究をすることはかなり難しいのでは?と思っています。テレビ番組はよく観ていても、それをどのように作っているのか、実際にどんな仕事をしているのかを知ることは、なかなか簡単ではありません。そこで「百聞は一見に如かず」、実際にその目でみて経験していただくことが近道なのではと考え、業務体験を始めました。


業務体験に参加いただいた方々からは

「何気なく見ているテレビ番組も制作や段取りを沢山行なっている事を実感できた」

「スタジオで流すまでに沢山の人と時間が費やされていることを知った」

「テレビ番組は出演者の方の面白さはもちろんですが、裏方の一つひとつのセットや道具 の確認や互いの気遣いからできているのだと感じた」

「今回の経験でより自分の中で想像と実際の状況のギャップを埋めることが出来た」

など、私たちの思っていたよりも多くの学びや気づきについての感想をいただきました。


また業務体験の参加者を受け入れた花組スタッフからも

「いろいろと質問してくれてうれしかった」

「こんなこと初めて知りましたと言われてとても新鮮だった」

「とても楽しそうに業務をしてくれて自分のやっている仕事が誇らしく思えた」

など、それぞれに思うところがあったようです。参加者だけでなく、花組スタッフにもさまざまな影響をもたらしてくれた業務体験となりました。


採用も選考も就活生ばかりががんばるものではないと、私たちは考えています。就活生を受け入れる企業である私たち花組、そして花組のスタッフ自らが就活生がより仕事のこと、会社のことを知り理解できる環境を整え、番組制作を目指す就活生にこれこそがやりたい仕事だと思ってもらえるようにできる限り力を尽くしたいと思っています。

その中で番組制作という仕事、そして花組という会社を選んでいただけたらうれしいなと願うばかりです。


さて、花組は選考の真っ最中。

今年の選考ではどんな就活生のみなさんとお会いできるのか、そしてどんなお話を聞けるのか、今からとても楽しみです。

Comments


bottom of page