top of page

いざ面接!花組が考える面接について

就活生のみなさん、こんにちは。

そしてこれから就活生となるみなさん、こんにちは。

株式会社花組の採用担当、松生(まつおい)です。

就活生のみなさんの中にはすでに書類選考を経て、面接やグループワークに参加されている方もいらっしゃるかと思います。

コロナ禍前は対面が当たり前だった面接やグループワークですが、コロナ禍で活用されたオンラインが今なお多く使われていますね。

花組でもコロナ禍で初めて試したオンラインでのインターンシップ、説明会、面接だったので当初は戸惑いも多くありましたが、今ではその良さを実感しています。もちろん、対面でしか得られない、伝えられないこともあるので、今後もオンラインと対面と両方をうまく使い分けて、それぞれの良さを活かしていくつもりです。

そこでこれから面接に向かう就活生のみなさんへ、企業にとっての(花組にとってかもしれ

ませんが)オンライン、対面それぞれの面接についてお伝えしたいと思います。


まずはオンライン面接。

花組では一次面接はオンライン、就活生1名と面接官1名で行ないます。

花組が考えるオンライン面接の良さは就活生のみなさんにとっての利便性です。

この時期、ESや面接、そして大学の授業と多忙を極める就活生のみなさんの時間を有効に使っていただくため、花組までいらして面接を受けていただくお時間を短縮してもらえることは、企業にとってもうれしいことだと思います。就活生によっては数社、数十社のエントリーを抱えている方もいることでしょう。その就活生にとってはどれもが大切なエントリーであり、それぞれに力を尽くしていることと思います。ただでさえパワーを使う時期、オンラインで面接を行なうことでせめて移動の時間だけでも短縮してもらえたらいいなと思っています。

もうすでにオンラインでの授業を経験され就活も経験済みのみなさんに改めてお伝えすることではないのかと思いますが、オンラインでも対面でもちゃんとみなさんのお話もお気持ちも想いも伝わってきます。以前、オンラインで面接した就活生のおひとりはオンラインの方が緊張しないでリラックスできると言っていました。でも、「ちゃんと伝わる」は「全部伝わる」と同じだということも忘れないでください。オンラインでも対面と同じように良いことも悪いことも相手にちゃんと伝わってしまうものです。必要以上にに構える必要は全くないですが、ぜひ自分らしさが伝わるように心を尽くしてくださいね。これは絶対に伝わりますよ。


オンラインに慣れてしまった今、対面は緊張すると思われる方も多いかと思います。たしかに対面はごまかしが効かない、緊張が増す、そんな印象があるかもしれませんね。確かにすべてがダイレクトに伝わってしまう対面ですが、それゆえ伝わる情報量も多いかもしれませんね。でも就活生の情報が伝わると同時に会社の雰囲気や面接官を通してその会社のことを直接知ることができる機会だとも言えます。対面だぁ~、と構えず会社の、面接官のことをより知ってしまおう!そんな思いで望むと少し緊張がほぐれるかもしれませんね。


先にも書きましたが、花組の一次面接はオンラインで1対1、15分程度を予定しています。

この15分という時間、正直短いなぁといつも感じています。面接を受けていただく人数や就活生それぞれの負担を考えると15分くらいが妥当だとは思うのですが、面接官をするたびに、就活生のみなさんのお話が楽しく、そして興味深くてもっと深く、もっと沢山聞きたい!と思ってしまいます。お話から就活生のみなさんの想いや目指すものがあふれてくる、そんな時間です。日によっては午前と午後、合わせて10人を超える面接があるのですが、毎回楽しい時間で、あっという間に一日が過ぎていくのです。


花組も書類応募がはじまり、書類選考を経ていよいよ一次面接です。

今回はどんなお話がきけるのか、またどんな就活生とお会いできるのか、今から楽しみにしています。


最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page